施工事例

濱田建設株式会社

「北陸の風土に合わせた家づくりを」
 ここ北陸は、冬は雪、夏は高温多湿、と一年を通して家に湿気がこもりやすい風土です。快適な住まいは、風土に逆らわず、空気、風、光、をうまく取り込み、また、風通しを考慮し遮る間仕切壁を少なくした住まいだと考えています。
 温故知新の家づくり、最先端の重量木骨の構造体を駆使して、コスト・デザイン・性能・施工とバランスのとれた、一生住み続けられる快適な住まいを、この北陸に根ざし、北陸の風土を熟知した濱田建設がご提案させていただきます。

施工事例01:光と風を感じる家

 SE構法ならではの木造3階建ての店舗・事務所併用住宅。正面には間口4間(約7m)の大開口。
 1階に事務所を構え、2、3階を住居としています。住居部分1階の玄関を開けると螺旋階段が目を引きます。2階はワンフロアワンルームになっており、3階に寝室・子供部屋等各個室を配置しています。屋上バルコニーからは、町や山が一望出来、オフを過ごすのも楽しくなる住まいです。

施工事例01写真01施工事例01写真02施工事例01写真03施工事例01写真04施工事例01写真05施工事例01写真06施工事例01写真07
A
外壁のルーバーからもれる明かりが建物をオブジェの様に写し出します。
B
リビングは縦横に広がりをみせ、広々とした空間となっています。
C
壁面は隠せる工夫の施した、壁一面の大容量の壁面収納を設置。
D
ダイニングテーブルも兼ねたステンレス一枚もののシンプルなオーダーキッチン。(ekrea製)
E
清潔感のある洗面所とガラス張りのバス空間。
F
ムクの木の香がたちこめる子供部屋は、子供たちがすくすくと育つ空間に。
G
らせん階段は鉄骨でシンプルに、木の踏み板で温かく。
工  法 :
SE構法(重量木骨造)3階建
竣工年月 :
2008年6月
敷地面積 :
250.70m2
延床面積 :
256.33m2
施  工 :
濱田建設株式会社

施工事例02:緑と風を感じる家

 SE構法ならではのスキップフロアーを採用し、近隣からの視線を遮りながら風と光を取り込むことを可能にした、無垢の床板にこだわったシンプルモダン住宅です。

施工事例02写真01施工事例02写真02施工事例02写真03施工事例02写真04施工事例02写真05施工事例02写真06施工事例02写真07
A
階段もダイニングの空間に取り込み、デザインされています。
B
緑と外壁の意匠がマッチしたリビングに通じるガーデン、デッキスペース。
C
シンプルで飽きの来ないモダンなファサード。
D
ステンレスのアイランドキッチンとルーズウッドのフローリングのコントラストが鮮やかです。
E
ダイニングから、リビングのスキップフロアーが織りなす大空間を望む。
F
和室もシンプルに。極限まで意匠を省きました。
G
水廻りを集約しキッチンからの動線に配慮しました。
工  法 :
SE構法(重量木骨造)2階建
竣工年月 :
2010年3月
敷地面積 :
213.25m2
延床面積 :
160.50m2
施  工 :
濱田建設株式会社

施工事例03:Ruhe I

 リビングを中心とした、無駄のないコンパクト設計でシンプルなモダン住宅。デッキとリビングを視覚的に繋げて、視覚的に広々とした空間を実現しました。

施工事例03写真01施工事例03写真02施工事例03写真03施工事例03写真04施工事例03写真05
A
和室から、リビング・ダイニング、デッキスペースを望む。
B
リビングから和室を望む。シナベニアの白木が畳の緑とマッチしています。
C
リビングから望むデッキスペース。リビングと一体となって広々とした空間です。
D
ダイニングは、カウンター式のシンプルなダイニング。
E
夜は、違った顔を見せるファサード、光の箱。
工  法 :
SE構法(重量木骨造)2階建
竣工年月 :
2005年3月
敷地面積 :
186.76m2
延床面積 :
131.90m2
施  工 :
濱田建設株式会社

施工事例一覧

ページのトップへ戻る